SNSフォローボタン
さくらこをフォローする

年金はいくら払って、いくらもらえるのか

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

年金に興味なしの会社員時代

年金って言葉はなじみ深いけど、そのシステムについては何となくしか分かっていない人は多いと思います。私も会社を辞めるまではその一人でした。給料からいくら年金として引かれているかも曖昧で、将来いくらもらえるかとかも全然考えていなかったです。

年金に興味というか、不安を覚えたのは仕事を辞めてからです。定年までずっと働くという考えは、就職したときから無かったのですが、退職してから老後への不安を強く感じ始めて…。そこから年金について色々調べ始めました。

「国民年金」って少なすぎ

学生時代に「年金の通知きたー。」「学生猶予する?しない?」なんて友人と話してた年金はこれです。20歳になったら払い始める年金です。私は学生時代は払わず、社会人になってから払い始めました。

月に約1万6千円を支払えば、老後に年金を受け取れる国民年金制度。でも、この制度で受け取れる金額は40年間しっかり払い続けても、毎月6万5千円ほど。

6万5千円って…!これじゃあ生きていけないですよね。

まあ、自分で毎月1万6千円を40年間貯金すると約768万円なので、年金は10年くらいで元が取れるからお得ではあります。でも、これだけで生活するのは絶対無理。

じゃあ世の中の高齢者たちはどうやって生活しているのか??

「厚生年金」という素晴らしすぎる制度

よく「社会人は会社に守られている」と言われますが、年金に関してもそうです。ほとんどの会社には「厚生年金」という、「国民年金」とは別の年金制度があります。

「厚生年金」の金額は、収入によって決まります。毎月の収入が20万円だとすると、納税額は3万4千円ほど。高いと感じるかもしれませんが、実際は会社が半分折版してくれるので、国民年金と同じくらいの金額でOK。

支払う金額は国民年金と変わりませんが、実際に収めているのは約2倍の金額になるので単純に受取額も国民年金の2倍!(個人差が大きいです)

社会保険に関しても思いますが、「会社と折版」ってのは自営業には羨まし過ぎます。自営業はお金に関しては会社員より得するのが難しいですよね。

大抵の人は「国民年金」と「厚生年金」のコラボ

「国民年金」での受取額が、約6万5千円。「厚生年金」の受取額をここでは2倍の13万円とすると合計19万5千円。

ほとんどの人が年金を受け取り始めるまでに、ローンの支払いを終えていると考えるとこの金額は十分過ぎるくらいではないでしょうか。私だったら、ここから旅行資金も捻出しちゃいます。

世の中の大半の高齢者の皆さんが、のんびり暮らしている理由が分かりました。きちんと会社勤めして、年金を収めていればある程度は安定した老後が送れる訳ですね。

よく見かける働く高齢者たち

そうは言っても、街では働く高齢者の方を多く見かけますよね。私が前に働いていたホテルにも沢山の高齢者の方が働かれています。暇な時間を有効活用している短時間勤務の人もいますが、朝から晩までフルタイムで働く人もかなり多いように思います。

フルタイムで働く方には、「国民年金」しか受け取れない人が多いのではと思います。もしくは年金を払って来なかったので受け取れていない人もいるのかと…。

年金は受け取るまで昔は25年、今は10年の支払期間が必要です。支払わずにそのままにしていたら、いつの間にか手遅れになるので本当に恐ろしいです。

とりあえず国民年金だけでも払っておこう

自営業の私たちは、充実の「厚生年金」に入る事は出来ません…。でも、10年で元が取れる「国民年金」には入ることが出できます。巷には、私たちは年金をもらうことができない。なんて噂が飛び交っていますが、噂は噂です。年金について勉強すれば、日本の年金制度はまだまだ大丈夫だとわかります。

先行きの見えない、老後や日本の財政を案じて「年金を払わない」選択をする人も増えてきていますが、年金は払っておくべきです。まずは年金のベースである「国民年金」をしっかりおさめていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました