SNSフォローボタン
さくらこをフォローする

退職後はとりあえず役所に行って手続きを進めるべし

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事を辞めたらやる事は山ほどある

会社に退職を申し出て、引継ぎをして…。念願の退職日。「やったー!ついに仕事を辞めたぞ!自由だー!!」なんて開放的な気分になって、だらだら過ごして早一週間。そんな風に過ごしてませんか?

次の就職先が決まってるなら、しばしの休息を満喫するのもいいと思います。でも、自由を求めて仕事を辞めた私たちの様な20代はそんな事してられないんです。

役所での手続き、年金の確認、とりあえずの生活費の確保などなど…行くとこ、やること盛りだくさんです。

退職前にToDoリストを作るのがベスト

私は退職前に、何もやっていなくて後悔したので今から仕事を辞める人にはぜひとも勧めたい事です。

それは「退職前にToDoリストを作る事」!!

やりたいことリストじゃないですよ?やらなきゃいけないことリストです。希望に満ち溢れたやりたいことリストは自分で好きに作って下さい。

 

「ToDoリストを作る」といっても、何をやったらいいか分からないですよね。

ネットで調べたら色々な情報が出てきますが、それが自分にぴったりかというと違います。だから自分にぴったりのToDoリストを作るタイミングは退職前がおススメなんです。

退職前なら、人事部や経理部で質問し放題ですからね!

私の場合はネットであらかた調べた後に、役所で聞きまくりました…。役所の職員さんごめんなさい。

社会保険から国民保険に切り替えよう

まずは役所で保険の切り替えをしましょう。仕事を辞めたなら、平日いつでも行けます。

時間がたってから行くと、納期が過ぎた分を後でまとめて請求されるので大変です!早めに行きましょう。

大抵の場合、退職後14日以内に行くことと定められています。

切り替えに必要なもの

※うちがお世話になっている役所のHPより。行く前にご自身の役所のHPで確認して下さいね。

・マイナンバーがわかるもの

・本人確認できるもの

(運転免許やパスポートが一般的)

・健康保険等資格喪失証明書(会社や保険組合が発行するもの)

・キャッシュカードまたは通帳と通帳使用印

保健切り替え手続きは意外と簡単

役所の人に必要なものを渡せば、サクサクと手続きを進めてくれます。面倒に思ってる人も、空いていれば10分位で終わるので散歩ついでに行ってしまいましょう。

ただ、注意したいのは国民健康保険証がもらえるのは約1週間後ということ。

手続きしてから、1週間ほどで交付通知が届くのでそれを持って再び役所に行かないともらえません。これはちょっと面倒ですが頑張りましょう。

私はもらったらすぐに歯医者に行こうと思っていたので、このシステムにはがっかりしました。突然の怪我などで、いつ保険証が必要になるかも分からないのでなるべく早く申請しましょうね。

国民年金の窓口もついでに行こう

退職してすぐ再就職!なんて人は必要ない手続きです。でも私たちのように次の就職先が決まっていない人は、年金関連の窓口にも行ってください。これも手続き遅れたら面倒なことになります。ついでに窓口の人に怒られて悲しい思いもします(実体験)

年金窓口で必要なもの

・マイナンバーまたは基礎年金番号がわかるもの

・本人確認書類

・健康保険・厚生年金保険の資格喪失日が記載されている書類

(健康保険・厚生年金保険資格喪失証明書 等)

だいたい国民健康保険の申請と同じです。

※年金の確認は年金事務所でも可能です。私は年金手帳も紛失していたので年金事務所で手続しました。

国民年金の手続きは役所でやった方が簡単で速い

私は年金事務所で、国民年金の手続きをしたのですが年金手続きは役所でやった方がスムーズです。年金事務所はなぜか待ち時間がとっても長いので。

今はネットで予約もできるらしいのですが、諸々の手続きと一緒に役所でやるのが賢いと思います。私同様、年金手帳を無くしてしまった人は年金事務所に行ってくださいね。

 

まとめ

私は失敗ばかりしましたが、これから退職する人は辞める前に「ToDoリストを作る」を実行してください。さもないと色々気づいた時には期限が過ぎていて、いろんな人から怒られることになります。そして、すでに仕事を辞めてゴロゴロしてる人はとりあえず役所に行ってください。おばさま達が、呆れながらも淡々と手続きを進めてくれるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました